秋の味覚 柿 をいただきました。

店先で売っているものではなく、庭先で実っているものです。

そんな柿を愛でていると祖父母を思い出します。

実家には柿の木があって、一緒に縁側で食べたのを思い出し懐かしさを感じます。

 

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」といわれる柿ですが、

ことわざの通り様々な効能があるんです。これにはビックリ!!

柿には、みかんの2倍に当たるビタミンC、ビタミンAが含まれています。

また、βークリプトキサチンやカリウム、タンニン、食物繊維等が豊富に含まれているのです。

免疫機能を高め風邪等のウイルスから体を守る、ビタミンA。

そして、β―クリプトキサチンはビタミンCとの相乗効果でガン抑制作用があるともいわれているのです。

さらに、カリウムとタンニンは二日酔いに効果的です。

美容面ではビタミンCも豊富なので免疫力を高め肌のシミやくすみを改善したりする美肌効果期待できます。

まさに、ことわざの通りですね。

また、実と同じくらいに効能が沢山ある柿の葉茶もお勧めです。

血圧を下げる効果基礎代謝を上げダイエットにも向いています。

これからの季節は干し柿もー。

長く楽しめる 秋の味覚 柿ですね(^^♪